肌について学ぶ

オイリー肌はモテない!脂性肌メンズの原因は?

肌について学ぶ

誰しもが肌に油分があります。
今この記事を読んでいるあなたの毛穴にも皮脂と呼ばれる天然でできた油を作り出す皮脂腺があります。
これは、あなたの肌に水分を与え、肌を健康に保つのに役立ちます。
しかし、ごく一部の方は皮脂腺があまりにも多くの油を作り出し、これによりオイリー肌となります。
メンズの場合ですと、これが顕著に表れる場合があります。
洗顔してから10分後、鏡で自分の顔を見たときにテカっている場合、脂性肌と言えるでしょう。
今回は、「オイリー肌はモテない!脂性肌メンズの原因は?」について解説します。

スポンサーリンク

脂性肌の原因とは?

皮脂が死滅した皮膚細胞と混合し、毛穴に詰まることで、ニキビや吹き出物などに繋がる可能性があります。

脂性肌の原因は、遺伝的、環境的、および生活習慣的要因が含まれます。

必ずしも脂性肌を改善することはできませんが、あなたの悩みを軽減することはできます。

重要なのは、以下の6つの原因のうち1つ以上を特定することです。

  1. 遺伝子によるもの
  2. 年齢によるもの
  3. 住んでいる場所と時期
  4. 毛穴の大きさ
  5. 間違ったスキンケアを使用
  6. スキンケアのやり過ぎ

それでは一つずつ解説していきます。

遺伝子によるもの

脂性肌は遺伝によるものが多いです。

特に両親のどちらかが、油性の皮膚を持っている場合は、あまりにも脂腺が過剰である可能性が高いです。

医学的根拠は明らかになっていませんが、実勢やデータ上、遺伝的なものが多くみられるといわれております。

年齢によるもの

あなたのお肌は年齢を重ねるにつれ少なからず皮脂を生成します。

時間とともに経過した肌を、『老化した肌』と呼び、コラーゲンなどのたんぱく質を失い、皮脂腺は衰退していきます。

老化した肌こそが乾燥肌の原因であり、コラーゲンや皮脂が不足しているため、細かい線やしわが目立ちやすくなります。

脂性肌のメリットは、この乾燥した老化した肌の兆候を示さない可能性があります。

あなたはオイリーな肌を持っているかもしれませんが、年齢を重ねるにつれて肌の評価をする必要があります。

30代の人でも、10代20代と同じ皮脂組織を持っていないかもしれませんから。

おススメなのはメンズエステ。

あなたが行っているスキンケアへの方法に対してそれが正しいかどうか、数年ごとにあなたの肌のタイプを評価するのに役立つからです。

住んでいる場所と時期

遺伝子と年齢は脂性皮脂の根本な原因ですが、あなたか住んでいる場所と時期によって原因が分かる場合もあります。

人間の肌は高温多湿の気候で脂性肌を持つ傾向があります。

また、夏の間は秋や冬よりもUVケアなどにより、オイルを顔に塗る可能性は上がります。

暑くて湿度も高い日中のスキンケアを調整することは可能ですので、余分な油分をシートで吸い続けることで解消します。

毛穴の大きさ

大きな毛穴ほどより多くの油を生成する可能性があります。

これは、年齢、体重の変化、以前できた吹き出物によって毛穴が大きくなる場合があります。

一度大きくなった毛穴を小さくすることは難しく、日々のスキンケアでいかに油分をとるかがポイントです。

間違ったスキンケアを使用

間違ったスキンケアをすることで、解消はなかなかできません。

例えば、脂性肌なのにベタ付きのあるワセリンやグリセリンがベースでできている、重めのクリームを使用することは、間違ったやり方と言えるでしょう。

オイリー肌でも冬の期間だけ乾燥しやすい方は、PGやBGなどのサラッとした軽量の保湿剤で春と夏のスキンケア方法を変える必要があります。

スキンケアのやり過ぎ

顔を過剰に洗顔したり、ピーリングをしたりすると、脂性肌になる場合があります。

過度の洗顔やピーリングは矛盾しているように聞こえるかもしれません。

しかし、あまりにも頻繁にこれを行うと油分が無くなります。

 

これにより、皮脂腺が

『危険ですよ!早く皮脂を正常にしてください!』

と正常な機能が働き、これを補うためにさらに多くの油分が生成される可能性があります。

日焼け止めを塗らなかった場合、肌を乾燥させてしまい、皮脂の分泌を増やしてしまいます。

ですので、日焼け止めを塗るようにしましょう。

保湿剤に日焼け止め効果のあるものもございますし、その方がオイル成分が低いことが多いので脂性肌の方にはおススメです。

まとめ

脂性肌の原因は多く、その理由は複雑です。

また、6つの原因が重なることでそうなっている場合もあります。

例えば、遺伝によるものから、高温多湿の中で生活している場合などです。

より綺麗で清潔なお肌を手に入れるために、変えられない遺伝や環境の中でも、今回説明した6つの原因をより多く対処する必要があります。

今回は原因を知れたのでそれを解消していきましょう。

どんな方でも、改善がみられるまで最低1~2か月はかかります。

それでもオイリー肌のままで、一向に解消しない、全く軽減しない場合は皮膚科に診てもらった方が良いかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました