肌について学ぶ

化粧水だけ!スキンケアの種類は少ない方が良い?

肌について学ぶ

スキンケア製品を、化粧水や乳液、美容器やクリームまでフルラインを使っている方が多いと思います。
実際に、フルラインを使わないということなんてないですし、人によってはフルラインを使わない方が良い肌質の方もいらっしゃいます。
極論、スキンケアの種類は化粧水だけで良いと思っています。
今回は、スキンケアの種類が少ないほうが良い利点や注意点について解説します。

スポンサーリンク

スキンケアは化粧水だけで良い

乳液やクリームをしないと乾燥するのでは?

実は、乳液やクリームを塗っても乾燥は防げないんですよ。

化粧水はほとんど水でできており、肌につけた後その水が蒸発しないように乳液やクリームを塗って蒸発(=乾燥)させないようにしているかと思います。

もともと乳液やクリームは、油分と界面活性剤、その他成分を混ぜ合わさってできております。

一般的には、クリームの方が油分が多めです。

乳液やクリームを肌に塗って、肌表面に膜を作って水分を外に出さないということは、あり得ないんです。

界面活性剤は水と油を混ぜ合わせるものなので、乳液やクリームを肌に塗ったら、ほぼ水でできている化粧水とは容易に混ざります。

どうしても、水分が抜ける道はできますので、完全に乾燥を防ぐってのは無理なんです。

つまり、

化粧水をつけた後に乳液やクリームをつけたとしても、乾燥を完全には防げない。

ということです。

ですから、私は乳液やクリームをそんなに重要と捉えていないんですよ。

高価なスキンケア=肌に良い。ではない

良質な水分を角質層に入れたり、高価なオイルを使うことが、肌にとって一番栄養があり、肌に良いと思っていませんか?

実は、大きな間違いです!!!

本当に健康なお肌っていうのは、水分や油分を自分自身が出せるんです。

なので、自分自身で出せるものであれば、それに頼った方が良いです。

もちろん、自分自身でもお肌の油分が足りないんであれば、スキンケアで足してあげましょうね^^

 

それに、スキンケア製品に含まれているオイルは化学成分が多いですので、極力肌につけない方が良いですよね。

これを悪いというつもりは全くないのですが、どんなに天然で良い成分だろうが、自分の皮脂が一番ということです(^^;)

私が言いたいのは、

『せっかく良質で無料な自分自身の皮脂があるのであれば、それをうまく使いこなそうよ』

ってことです。

皮脂が出る人は、それはどんな成分よりも良い価値のあるものなので、うまく使えば良質な肌にすることができますし、そもそも化粧品を使う必要なんかありません。

私自身、油分がしっかり出る方なので、無理にスキンケアで油分を足すってことはしないです。

だから、基本的には乳液やクリームは使わないんです。

ちょっと乾燥する冬場にクリームを塗るくらいですかね。

ニキビができやすい人はスキンケア不要

私もそうですが、特に男性なんかは夕方くらいになると、顔がテカテカしてきませんか?

します!

やっぱ男性だからなんでしょうね・・・

それによってニキビができたりするのが嫌です!

先ほどもお伝えした通り、油分が肌から出る方は、水分を足すだけで良いと思っています。

つまり、油分は不要ってことです!

ニキビは、

『皮脂の過剰分泌』

が要因であると専門家や今やネットなどでも良く言われておりますが、

実はそれだけじゃないんです。

 

かずきち的な見解では、

乳液・クリームによる油の足し過ぎによるものだと思っています。

 

ニキビは、もともと肌の上に油分があってそれが毛穴の中で滞ったり、詰まったりすることで発生します。

ですので、油分を足すという行為は、ニキビを余計発生させているんです。

ニキビができて悩んでらっしゃる方は、乳液やクリームをやめると案外良くなる場合もありますよ^^

油分の多い化粧水を使っている方なんかは、化粧水すらもやめてみても良いかもしれません。

ぜひ覚えておいていただきたいのは、ニキビや肌荒れの場合は、何かを足すのではなく『引き算』の考え方が有効です。

ですので、何もしないというのも肌改善には効果的なんです。

『刺激が少ない成分=肌にダメージを与えない』ではない

天然オイルや無添加製品と聞くと、

『刺激が少ない』

というイメージがあると思います。

確かに、身近なオリーブオイルなんかも、傷口につけても全く痛みを感じないですよね。

なので、油分を肌に塗っても刺激がないので、肌に与えるダメージもないと思うのも無理ありません。

 

ですが、

油分は刺激がない=肌へのダメージがない。とは限りません。

油分によって酸化しやすいものがあり、その酸化によって肌に負担がかかりやすくなります。

乳液などが酸素によって活性酸素に変わり、肌につけると炎症の原因になります。

乳液などに含まれる油分が、紫外線や肌に含まれる酵素などによって、化学反応によって全く違う物質に変わったりもします。

空気中の酸素に触れて化学反応することで、どうしても酸化は起こりやすいんです。

鉄が空気に触れて錆びるのと同じ原理です。

この化学反応でできた物質が『刺激物』になるんです。

つまり、肌に安全な成分だからと言って刺激がないとは言い切れないということです。

 

最近では精製技術も進歩しており、酸化しないように製品化されているものが増えてきています。

ですが、どうしてもオイル特有のもので、

  • ローズヒップオイル
  • ローズウッドオイル
  • 馬油

これらの成分はもともと酸化しやすいんです。

馬油100%でできている、ソンバーユなんかは『直射日光の当たらない冷暗所で保管してください』と注意書きで書かれていますよね。

まさに、酸化によって活性酸素の発生を防ぐためです。

酸化を防ぐために、トコフェロールやBHTなどの酸化防止剤が含まれている場合が多いです。

酸化防止剤は簡単に言えば『添加剤』ですが、酸化しやすい成分が入っている以上、品質維持やお肌に刺激を与えないように、どうしても必要なものなんです。

とはいえ、お肌を気にされている方にとっては、肌への負担が少ないにしろ、添加剤が入っていることに対して少なからず抵抗があるのは、ごく自然なことだと思います。

いくらお肌に負担がないとはいえ、心から安心して使える成分であれば、抵抗感なくお使いいただけるのではないでしょうか。

おすすめなスキンケアは化粧水のみ

私自身は化粧水1本のみで、

髭剃り後はどうしても乾燥しやすくなるので、その時は保湿を足してあげたりします。

私はアトピー持ち・敏感肌で、肌に負担をかけないようにしていますので、意外とシンプルなものしか使っていません。

だからと言って、皆さんに

『化粧水だけが良いよ』

『クリームは使わない方が良いよ』

というのもおかしな話だと思っています(^^;)

 

乾燥肌や敏感肌、脂性肌や正常な肌の方まで、人のお肌はそれぞれですし、

しっとりさせたい方や、さっぱりさせたい方など、使用感も人それぞれです。

あまり油分が出ない方や、乾燥肌の方にとって、『化粧水だけが良いか』というと、そんなことは無いと思っています。

私の考えでは、どんな肌の方でもあまりたくさんの種類のスキンケアに手を出しすぎるのは良くないかなと思います。

界面活性剤や防腐剤の入った化粧品を使っても、刺激は感じませんが、大量に使うと刺激になるというデータが実際にあるんです。

どうしても、肌につける量が多ければ多い分、刺激に繋がってしまうので、なるべく肌につける量は少ないほうが良いということです。

 

つまり、

『自分自身から油分が出る方(脂性肌)は、油分配合製品を減らそう』
『なるべくスキンケアの種類を減らそう』

ということです。

 

無理に『化粧水・乳液・クリーム・美容液』がセットになっているからと言って、フルラインを使わないといけないかというとそんなことは無いので、今たくさんの種類を使っている方がいらっしゃったら、ぜひこの機会に改善してみてください^^

経済的にもお肌にも良いですよ^^

その他、化粧品やスキンケア、お肌の悩みについての記事をたくさん掲載しております。

私が手掛けている新作商品や、お肌の悩みについてのご意見やご相談も受け付けておりますので、ぜひお気軽にLINE@へご連絡ください^^

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました