化粧品成分を知る

アルコールフリーなのにフェノキシエタノールって何?害はあるの?

化粧品成分を知る

アルコールフリーを謳ったスキンケア製品が多く販売されておりますが、成分表を見てみると『フェノキシエタノール』の記載を見かけませんか?

実は、フェノキシエタノールはエタノールやアルコールとは全く別の成分で、「グリコールエーテル」の一種です。

防腐剤や殺菌剤としてスキンケア製品に配合されることが多い成分です。

ですので、アルコールフリーと謳った製品があっても、成分表にフェノキシエタノールの記載があることは至って普通のことです。

ちなみにアルコールフリーと言うのは、化粧品では『エタノールが配合されていない』という意味になります。

スポンサーリンク

フェノキシエタノールの必要性は?

フェノキシエタノールはスキンケア製品の品質を維持するための防腐剤としての役割があります。

スキンケア製品は製造されてからお客さまが実際に使用するまでに何か月もの時間を要しますし、店頭などの売れ残りについては1年以上を要する場合もあります。

また、スキンケア製品を使用している間に、空気と触れたり、人の手に触れたりすることで、外から微生物が混入しするリスクがあります。

この時間の経過によって、製品内に菌が繁殖してしまうと、お客さまが安心安全にご使用できるとは言えない品質が悪化した製品になります。

お客さまの手元に届いてから安心安全にご使用いただくために、このフェノキシエタノールによって安心安全性を担保しているのです。

防腐剤が無いとどうなる?

フェノキシエタノールのような殺菌作用や防腐作用のある防腐剤が配合されていないと、菌が繁殖してしまい品質が悪化します。

この品質悪化により、成分や菌が変異し、カビ、異臭等が発生したり、ものによっては失明してしまう可能性がある危険性が高い菌になります。

これらを防ぐために、防腐剤はスキンケア製品にとって必要不可欠な存在になっております。

フェノキシエタノールに害は無いのか?

害があるか無いかについては、「絶対にない」と言い切ることはできませんが、一般的に皮膚刺激性や皮膚感作性はほとんどないという実験データが報告されています。

さらに、フェノキシエタノールは、化粧品配合上限が全体量の1%と定められていますので、このデータから見ても通常のスキンケア製品に配合されている量では、まず問題無いといえるでしょう。

防腐剤フリーが安心とは限らない

化粧水を使ったことにより、「防腐剤によって肌が荒れた」と経験された方がいるのではないでしょうか?

実は、防腐剤による影響ではない可能性があります。

ですので、防腐剤フリーの製品を安易に選択するのも正しいとは言い切れません。

防腐剤フリーの場合、ベース基材である保湿剤等によって防腐作用を有しているのですが、防腐剤に比べて何倍もの量を配合しないと防腐剤同等な働きができないといわれております。

保湿剤自体も一種の成分であり、大量に配合されると少なからず肌へ影響が出ますし、特に敏感肌の方はなおさらです。

つまり、パラベンやフェノキシエタノールが配合されていない防腐剤フリー製品は、防腐作用を有している保湿成分等によって、肌に影響が出る可能性があるということになります。

まとめ

フェノキシエタノールとエタノール(アルコール)は別ものであることをお伝えしました。

また、スキンケア製品を安心して使えるように防腐作用を有する成分であり、尚且つ、刺激性が低い成分であることが分かりました。

それに、『防腐剤フリー製品』を安易に選ぶことで、肌に影響が出る可能性があります。

ですので、製品選びに迷ったときはフェノキシエタノールが配合されている製品を選んだ方が間違いないと思います。

 

メンズ化粧水には、10%程度のアルコール(エタノール)が配合されている場合があり、フェノキシエタノールの心配よりも、刺激性が強いエタノールに注意するべきです

コメント

タイトルとURLをコピーしました