肌について学ぶ

アルコール入りの化粧水が避けられている理由とは?

肌について学ぶ

メンズ化粧品に多く含まれている「エタノール」

ネットでも印象があまり良くない内容が書かれているのを見かけませんか?

実は、肌に良いとは推奨できない成分の一つですし、特にお肌にお悩みのある方は避けるべき成分です。

今回は、アルコール入りの化粧水が避けられている理由について解説します。

スポンサーリンク

アルコール入りの化粧水が避けられているのはなぜか?

消毒液や除菌スプレーなどに使われているアルコールの一種であるエタノール。

また、シャンプーやリンス、洗顔料などにも使用されており、

私たちの日常生活にはアルコール(エタノール)が多く使われています。

その中でも、毎日無垢なお肌に直接つける化粧水。

 

私たちの肌は、毎日エタノールに曝されていることになります。

とはいえ、誤解を生まないように最初に申しますが、すべてのエタノールが悪いわけではありませんし、私はエタノール使用に対して中立的な立場です。

しかしながら、『化粧品に含まれるエタノールには皮膚刺激がある』というのは研究結果より報告されてますし、お肌に合わない方がいらっしゃるのも事実です。

結局は、肌に合う・合わないは『人それぞれ』です。

ですから、私は化粧品においてエタノールは極力避けた方が無難、という考えを持っております。

この成分は肌に悪いからこれを使ってください!といった宣伝文句ではありません。

事実お肌に合わない方や、どうしても『安心・安全』という言葉が信用できない、という方々が「心から気持ちよく使用できる化粧品を作る」というのが私の信念です。

化学薬品が気になる、肌に合わないという方のためにこの記事がお役に立てれば幸いです。

アルコールがなぜ使用されるのか?

エタノールは皮膚刺激があり、実際に注射の前に腕に塗るとスースーした経験のある方や、人によっては塗った個所がかぶれるた方がいるのではないでしょうか。

それなのになぜ、多くの化粧水にエタノールが使われているのでしょうか。

10年以上化学薬品を扱ってきて分かることは、化粧品の主成分である水やその他成分を腐らせないようにしたいからです。

化粧水に含まれている『水』は精製水であり、不純物のない純粋できれいなのですが、殺菌作用がされていないため腐りやすい性質があります。

精製水が腐敗して他の美容成分も同じく腐敗しないように、エタノールの殺菌作用により防腐の役割をしています。

防腐の役割以外にも、

✔肌を引き締める収れん作用

✔古い皮脂を取り除く清浄作用

✔香料や着色料を溶かすための溶解作用

など、使用感や、製品作りとして欠かせない役割も行っています。

化粧品つくりにおいて、アルコールはこれらの作用をするためにどうしても必要な原料なのです。

ちなみに、化粧水に水が大量に使われているのは、グリセリンやBGなどの保湿剤と結びつき水溶性として保湿効果を持たせるため、および純度が95%程度のエタノールを肌への刺激が少ない濃度へ調整するためにも使われています。

アルコールはニキビ予防の化粧水に配合されている

ニキビができてお悩みの方、『ニキビ予防』や『アクネケア』と表記された化粧水をお使いではないでしょうか。

パッケージの裏面に「エタノール」という表記があった場合、使用に注意してください。

というのも、エタノールにはニキビの原因であるアクネ菌や雑菌を殺菌する効果がありますが、元気で良質な細菌まで破壊してしまうため、ちょっとした乾燥や摩擦などで肌トラブルが起きやすくなります。

また、お肌が乾燥して皮脂の過剰分泌によりニキビが発生した場合、エタノールをつけることで肌内部の水分が蒸発しますから、お肌が乾燥してニキビが再発する可能性があります。

エタノールは安価なので比較的安い化粧品に使用されることが多いです。

同様の作用でアクネ菌を殺菌し、かつ刺激の少ない成分もありますが、高価で貴重なためどうしても商品自体が高くなってしまうんです。

特にニキビで悩まれている方は、乾燥やテカリなどのお肌に悩まれている方が多いので、心のケアのためにもアルコールフリーの化粧水をお使いいただく方が無難といえます。

アルコールフリーや無添加化粧水の注意点

これまで、アルコール無添加が無難であるとお伝えしてきました。

しかしながら、アルコール無添加の化粧品を使う際に注意点があります。

それは、製品が「劣化しやすい」ということです。

劣化したものを使用し続けると、肌荒れや、シミ、くすみなどの肌トラブルの原因になる場合がありますので、少しでもお肌に異常を感じた場合は使用を中止するか、かかりつけの皮膚科で診てもらいましょう。

製品が劣化しないように、アルコールの代わりにパラベンやフェノキシエタノールといった防腐効果のある成分が多めに配合されていることがよくあります。

しかし、パラベンやフェノキシエタノールの防腐剤はお肌に合わない方がいらっしゃいますので注意が必要です。

国内では薬機法で、3年以上使用できるものは消費期限を表示しなくてもよい決まりになっています。

すなわち化粧品は、未開封なら3年間は品質が保証されているので問題なく使えるといえます。

しかし、化学品無添加のオーガニック化粧品は、お肌に良い天然成分でできている反面、パラベンやフェノキシエタノールなどの化学防腐剤が配合されていないものが多いため、劣化しやすい欠点があります。

ですので、法律で定められた3年以内の品質保証が前提にあったとしても、開封後は半年以内で使い切ることをお勧めします。

オーガニック化粧品は肌に良い反面、保管時にリスクがあります。

使いきれるように量の少ないものを選びましょう。

まとめ

今回は、【メンズ】アルコール入りの化粧水が避けられている理由とは?について解説しました。

この記事をまとめると、

✔アルコールは、敏感肌やお肌にお悩みの方にとってはマイナスイメージ

✔なぜアルコールを入れるかというと、製品の劣化を防ぐため

✔ニキビ予防にはアルコールフリーの製品が無難

✔無添加製品は劣化が早いので使用・保管に注意が必要

となります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました