化粧品成分を知る

オーガニックで肌荒れ?知っておこう正しい選び方

化粧品成分を知る

『オーガニック化粧品』と聞くと、すごく肌に良いイメージがありますよね。
確かに、植物由来や天然由来成分が配合されているので、お肌への刺激を気にされる方や、デリケートな肌の方にとって『オーガニック』は、化粧品を選ぶ際の前提条件の一つではないでしょうか。
しかし、『オーガニック化粧品』だからと言って、
・肌に優しい
・刺激がない
・天然由来のみででできている
とは言い切れないんです。
それに、化粧品業界のオーガニック基準も曖昧なことから、本当に肌に良い成分が入っているかどうか?が問われる部分も多々あるようです。
今回は、誤って肌荒れを起こさないように、正しいオーガニック製品の選び方を教えます。

スポンサーリンク

日本のオーガニック化粧品には基準がない

食品に関しては、有機栽培で育てられたものに対して、国で定められた「有機JAS認定」を受けることができます。

この認定に合格した食品には、ひとつひとつに有機JAS認定マークがつけられますので、それがもはや食品への安心とメーカーの信頼になります。

 

しかしながら、化粧品には国で定めているオーガニック認定機関がありません。

食品のように国の認定で定められたものはないんです。

ですから、一概にオーガニック=安心と思うのは、少しリスクのあることだと言うことです。

私の友人は敏感肌で、ネットで肌に「優しいと言われているオーガニック製品」を買ったものの、よくよく見ると『エタノール』が配合されており、幻滅していました。

使用には問題なく良かったのですが、安心はできないですよね。

海外コスメでは、「エコサート」「BIO」などの国際有機認定期間などがあり、各機関で定められた厳しい基準をクリアすることで、これらの機関から認証を受けて正式なオーガニック化粧品となります。

しかし、日本には国が指定する認定機関がないんですよね。

言ってしまえば、

植物由来成分1%配合、その他は化学成分

・天然由来成分90%配合

実は、日本の基準ではどちらの製品も「オーガニック製品です」と言えるんです。

それに、

配合量は製薬会社またはメーカー側でしか知り得ない情報ですので、『植物由来成分でできたオーガニックコスメ』と謳っていれば、消費者はオーガニック製品としてみなしてしまうんです。

つまり、

天然成分や植物由来成分をたくさん配合しようが、ほんの数%しか配合していなくても、全く同じ『オーガニック化粧品』扱いなんです。

ほんの数%しか天然成分が配合していなかったら選びたくないですよね?

ですから、商品を選ぶ際はしっかりメーカー側で何%配合されているかを確認することが大切です。

 

とはいっても、ほとんどのオーガニック化粧品は配合料を記載していませんよね。

ですので、私は消費者が確実に何%以上配合されているかが分かる、海外認定規格の『エコサート』などがおすすめしております。

エコサート認証製品は95%以上の天然由来成分が入っています。

認定を受けていれば必ず記載があるので、このマークのある製品が目印です。

実際には、

こんな感じで記載されます。

世界基準はとても厳しいが品質は確かなもの

世界には様々な基準があり少々異なりますが、概ね以下のような基準が設けられています。

  • オーガニック認定を受けた原料を10%以上配合
  • 製品の95%以上が天然由来成分であること
  • 合成香料不使用
  • エキス抽出や溶媒および、製品中に石油成分配合不可

などなど、このような厳しい基準があります。

簡単に言えば、ほとんどのメンズ化粧品に含まれている『エタノール』や『シリコン』は石油成分なのでアウトです。

よって、このような基準をクリアしたものでしか、正式に『オーガニック化粧品』と言えないので、日本の基準とは違って、信頼感や安心感はありますよね。

また、日本にある数少ないエコサート認定工場は毎年監査を受けて認証を更新する必要があり、本格的にオーガニック製品を製造しているメーカーでなければ、そう簡単に認証の更新や継続をし続けるのも難しいでしょう。

「エコサート認証を受けた原料を使用」こんな記載には要注意

エコサート(ECOCERT)とは、1991年に設立されたフランスのトゥールーズを本部とする国際有機認証機関のことです。

先ほども申した通り、限られた製品、厳しい基準をクリアした認定工場のみでしか、エコサート認定を受けた製品は作れません。

 

ですが、最近ネットでよく見かけるのは、

『エコサート認証を受けた原料を使用した製品』と謳っている商品です。

ネット探してみるとたくさん出てきました。

こんな感じで、

広告やアフィリエイトなどで宣伝されています。

基本的にエコサート認証を受けていない製品は、「エコサートを使った原料」などと宣伝することや、エコサート自体の記載すら認められていないんです。

薬事法には「宣伝すると罰せられる」とは記載がないですが、世界から信頼のおける『エコサート・ジャパン』がこれを認めていません。

よくある質問に書くってことは、よっぽど世間で横行しているからですし、「間違いですよ」と正式にメッセージを伝えている証拠ですよね。

実際に、本件をエコサート認証を受けている化粧品メーカー工場の方に直接聞いたところ、『たとえエコサート認証を受けていない製品をお作りしても、エコサート原料を使った製品と言ってはいけないし、仮に宣伝として謳いたいという企業の方には契約を打ち切る場合があります。

なぜなら、長年継続してきたエコサート認定が取り消される可能性がありますし、消費者への正しい理解にはならないからです。』とおっしゃっていました。

とても信頼のおけるメーカーさんですね。

だとすると、『認定を受けた原料を使用した製品』と謳っている販売者や、それを作っているメーカーさんの信頼はちょっとどうなのかなって感じです・・・

今は、法的には罰せないですが、牛肉のトレーサビリティのように、いつか国の政令で厳しく取り締まられる日が来るかもしれないですね。

 

とはいえ、認証を受けていない製品が悪いと言うのではないですし、中には◯◯ランキングNo.1の製品もあります。

ですから、肌に悩んでおり本当に安心と信頼を得たい方はしっかりと認定のモノをお選びいただき、別にネットのランキングで1位のもので良いのであれば、私は否定するつもりはりません。

私個人の意見にはなりますが、『消費者自体が心から安心して使えるもの』が良いブランドであり良い製品であると思っております。

結論:オーガニック化粧品は心から安心できるものを選ぼう

オーガニック化粧品の注意点や選び方などについてご紹介しました。

天然由来成分のものでも、そうでないものでも、お肌に合うか合わないかは千差万別です。

お肌に合う合わないも大切ですが、特にお肌に悩みのある方たちは『心から安心して使えるもの』が良いのではと思っております。

世界基準のエコサート認証製品のように、しっかりとした基準をクリアしたものであれば心から安心してお使いいただけるのではないでしょうか^^

心から安心して化粧品を選ぶために、こんな成分は危険!化粧品選びのポイントを解説をご紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました