肌について学ぶ

顔がヒリヒリかゆい!化粧水がしみる・かゆい原因とは?

肌について学ぶ

化粧水を顔につけていると、痒くなるというかたは一定数いらっしゃいます。

◆LINEでいただいたご質問
化粧水をつけると肌がヒリヒリしたり、赤みが出ます。解決法はありますか?

一般的には、どんな化粧水をつけても何も感じないと言う方もいますし、肌に優しいオーガニック製品をつけると痒く感じることがあるとおっしゃられる方、様々です。
今回は、化粧水で痒くなる原因と対策について解説していきます。

スポンサーリンク

化粧水で肌が痒くなるのはなぜ?

特に、敏感肌や乾燥肌の方は、化粧水を顔につけた途端に『痒い!』と感じませんか?

なぜなら、化粧水に『痒み』を引き起こす成分が含まれているからです。

必ずしも化粧水が肌につく=痒くなると言うことではなく、お肌の調子は人それぞれ。

痒みが発生しやすい体質かどうかによっても、左右されます。

界面活性剤はお肌の痒みを引き起こす

化粧水になくてはならない存在の界面活性剤。

一言で言うと、洗剤のことです。

油と水は混ざり合いませんが、界面活性剤を配合することで、油と水が分離せずに混ざり合います。

これらが混ざることで、化粧品の役割である『保湿』や 『美容』作用を均一に発揮することができます。

しかしながら、美容や保湿成分を目的としていても、乾燥胃肌や敏感肌の方は肌に触れてしまうと痒みなどの刺激を感じることもあるのです。

お肌には、無数の毛穴が存在します。

汗をかいていなくても、お肌から自然と水分は蒸発されますし、皮脂も分泌されます。

 

化粧品に含まれる成分が毛穴に詰まったらどうでしょうか?

微量でも、毛穴に詰まった成分などは、毛穴を覆う可能性があります。

そうなると、お肌の毛穴が詰まり、雑菌の繁殖、それにより炎症を起こし痒みを引き起こすこともあります。

無添加やオーガニックなどのお肌に優しいと言われる成分でできた化粧水であれば問題ないですよね?

無添加やオーガニックだから安心という考えはむしろ危険です。

安易な考えが、お肌を悪化させます。

特に、無添加やオーガニックと言われている商品は

  • 酸化しやすい
  • 腐りやすい

といった無添加ならではの性質を持っているので、痒みや刺激のストレスを極力無くしたい方はできるだけシンプルな成分のものを選びましょう。

一方で、一般的には腐らないように『防腐剤』が配合されていますが、これも肌の刺激となる場合があります。

 

化粧水って一度つけると、夜のお風呂の時間までなかなか顔を洗わないですし、『洗うと効果が半減しそう』と思ってしまう方もいらっしゃると思います。

とはいえ、モノによっては、保湿効果のある製品も多いため、さっぱりというかベタっとするものも多いと思います。

そのベタっとしたものにより、皮脂分泌が正常に機能しなくなり、過剰分泌によるニキビ発生につながる場合もあります。

「オーガニックだからかゆくならない」ではない

最近流行っている、お肌を労る『オーガニックコスメ』があります。

これは、天然由来成分や植物由来成分でできているため、基本的に肌に優しいものばかりで設計されています。

オーガニックコスメと言いつつも、『たったの1種類で、数%のオーガニック成分』しか配合されていない製品もあり、結果的に化学成分も多いため、その化学成分によってお肌のバリア機能が失われてしまい、痒みや刺激が出てしまうことも・・・

ですから、乾燥肌や敏感肌でお悩みの方は、オーガニック95%以上の製品を使用することをお勧めします。

オーガニックで肌荒れ?正しい選び方はこちらから

世界基準のオーガニックコスメがおすすめ

お肌への刺激や痒くならないエコサート認証のオーガニックコスメがオススメです。

エコサート(ECOCERT)とは1991年に設立された、フランスのトゥールーズを本部としている、国際有機認定機関のことです。

世界基準で定めた基準をクリアした工場のみでしか製品を作れないですし、世界基準で定められた原料を使用したり、天然成分95%以上、その他厳しい基準をクリアしないと、エコサート認証を受けられないことから、世界で最も厳しいコーガニックコスメ認証とも言われています。

認証を受けると、このマークが製品に付与されます。

実際の商品ですと、

このように記載されています。

なぜ世界基準のオーガニックコスメは肌への刺激が少ないのか?

エコサート認証のコスメが肌への刺激がほとんどない理由は、成分にあります。

基本的に、95%以上が天然成分でできていますので、安心安全で作られています。

具体的には、

  • 有機栽培原料を95%以上使用
  • 石油由来の合成成分不使用
  • 石油由来の界面活性剤不使用
  • 合成着色料不使用
  • 合成香料不使用

これらが必須項目です。

他にも基準がありますが、最低でもこれをクリアをしているため無駄な成分が一切配合されていません。

そのため、お肌の痒みや刺激になりにくいです。

また、中身だけではなく容器も厳しい認定の基準をクリアする必要があり、バルク以外にもこだわっています。

ですので、『中身のみにこだわったオーガニック製品』と謳っている商品は、真のオーガニックとは言い難いので、安易に選ぶのはどうかなと思います。

バルクの品質維持のために、容器もしっかりとしたものを選定する必要があるのです。

どんな良い成分でも、容器の種類によってバルクの品質に大きく関わってくるのですね。

まさに消費者のことを考えた、安心安全の製品と言えるでしょう。

世界基準をクリアした製品を安心してご使用いただくために

世界基準をクリアした製品だからといって、『100%刺激がない』とは言い切れません。

というのも、天然成分や植物成分が比較的多めに配合されているので、植物エキスなどによるアレルギー刺激がある場合があります。

でもこれって、他の製品にも言えるんです。

エタノール、パラベンなどの化学成分や、ハイドロキノン、トラネキサム酸といった有効成分でも、肌への刺激がある人は少なからずいらっしゃいます。

ですので、一般的に避けられる化学成分や、女性にとても好まれる美白成分でも、肌に合うか合わないかは人それぞれだということです。

消費者の立場になって考えたときに、この成分は肌に良いというのではなく、『心から安心して使えるもの』が肌にも良いのではと考えております。

だとすると、比較的安心安全と言われている『天然成分でできた化粧品』をご使用していただくのが、安心安全の観点からしても最も合理的であると私は思います。

結論:肌が痒くなる・ならないは成分で決まる

化粧水を使って肌が痒くなるかならないかは成分で決まります。

ですが、人の肌も様々ですから一概に『この成分が肌に良い!』って言えないんです。

心の底から安心安全と言える製品を使いたいのであれば、厳しい基準をクリアしているエコサート認証オーガニック化粧水を使用することをおすすめします。

メンズ用はあまり製品としてありませんので、男性でお肌に悩まされているのであれば、女性用のものを使用することをお勧めします。

『どのオーガニック製品が良いか?』

など、ご相談がありましたお気軽にご相談ください^^

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました