化粧品成分を知る

【敏感肌向け】アルコールフリー化粧水!メリットとデメリットとは?

化粧品成分を知る

化粧品で言うアルコールとは「エタノール」のことであり、最近ではアルコールフリーを選ぶ人が多くなっています。

確かにアルコールが配合されていると、肌が荒れたり痒くなってしまうことはあります。

とはいえ、アルコール入り化粧水はデメリットだけではありません。

そこで今回は、お肌について研究している私自身が、アルコールと肌について詳しく解説します。

スポンサーリンク

アルコールフリー化粧水!メリットとデメリットとは?

まずは、アルコール入り化粧水のメリット・デメリットを表にまとめました。

メリットデメリット
安価肌荒れ、痒みを引き起こしやすい
さっぱりする乾燥しやすい

アルコール化粧水のメリットは何といっても、安価なところです。

水溶性成分であり、刺激性のある成分ですので、多めの水を配合して作られることが多いです。

さっぱりさせるために一定のアルコールを配合しないといけなく、その量を調整するためにも水が用いられます。

すなわち、多めの水が使われるため、結果的に安価になるというわけです。

 

一方のデメリットは、肌荒れ、痒み、乾燥を引き起こしやすいことです。

比較的肌の強い方は、アルコール入り化粧水を使用しても、痒みや肌荒れといった症状を引き起こさない場合もあります。

しかし、アルコールの特性によって肌の乾燥を招く場合があります。

 

アルコールは化粧品成分の中でも揮発性が高い(蒸発しやすい)特性があり、また水に溶ける性質がありますので、肌の水分ごと一緒に蒸発(=乾燥)してしまいます。

アルコールフリー化粧水のメリット・デメリット

次に、アルコールフリー化粧水のメリット・デメリットについて表にまとめました。

メリットデメリット
敏感肌でも使えるやや高価
乾燥しにくいさっぱり感が無い

アルコールフリーのメリットは、肌荒れに悩む敏感肌の方でも使いやすい点です。

荒れたり、乾燥、痒みが出やすい人にはおススメです。

ですが、アルコールフリータイプは、油分が多めに配合されている場合があり、もともとお肌に油分の多い脂性肌(オイリー肌)の方はニキビの原因になる場合がありますので、注意が必要です。

一方のデメリットはというと、高価な点です。

アルコールが無い分、オイルやエキス、オーガニック原料等の希少な成分を使用しておりますので、一般的に値段が高くなります。

使用感については、さっぱり感がどうしても欠けてしまうので、さっぱりを求める人には向いていません。

ちなみに、さっぱり感はアルコール特有の高い揮発性によるもので、「肌に浸透していく!」と思われがちですが、単に蒸発しているだけであって、浸透しているように感じるだけです。

アルコールで脂性肌になる場合も

アルコール化粧水は成分の特性上、肌の乾燥を招く可能性があります。

なので、乾燥肌になると思われがちですが、実は脂性肌(オイリー肌)になりやすいといわれております。

これは、乾燥したことにより皮脂が過剰に分泌され、今まで正常に機能していた皮脂分泌が増えることでオイリー肌になります。

ニキビ専用の洗顔や化粧水には、アルコールが含まれていることが多く、人によっては

「ニキビが減ってはまた増えた」

「肌の油分が多くなった」

という方もいらっしゃいます。

なぜアルコールが配合されるのか?

そもそもなぜ化粧水にアルコールが配合されているかというと、

・使用感をさっぱりとさせる

・製品を腐らせないため

・植物エキスの溶媒として使用

主にこの3つです。

使用感をさっぱりとさせる点については、前述で解説しておりますので割愛し、「製品を腐らせないため」「植物エキスの溶媒として使用」について解説します。

製品を腐らせないため

一般的に化粧水には「水」が配合されておりますが、腐りやすい性質があります。

防腐剤によって、水やそのほかの成分を腐敗させないように機能させていますが、アルコールにも殺菌作用があり、菌による腐敗を防ぐ働きがあります。

また、香料や着色料を溶かすための溶解液としても使用されるため、製品作りに欠かせない役割も行っております。

植物エキスの溶媒として使用

植物エキスそのものを化粧水に配合しているということはほとんど無く、実際にはアルコールなどで溶媒して抽出したものが化粧品に配合されるのが、一般的です。

アルコールは植物エキスの溶媒として使われることが多く、製品の成分表に植物エキスがたくさん配合されており、かつ、エタノールの表記がある場合は、溶媒液として使用されていることが多いです。

化粧品で言う『エタノール』とは、アルコールのことです。

最近ではアルコール以外で、水やBGなど比較的肌に影響のないベース基材が溶媒として使われております。

特に肌荒れしやすい方や敏感肌の方は、植物エキスがたくさん配合されている製品を選ぶ場合、成分表示を良くみてエタノール表記が無いものを選ぶことをおススメします。

まとめ

今回は、アルコールフリー化粧水!メリットとデメリットとは?について解説しました。

今回のおさらいをまとめると、

【アルコール入り化粧水】

メリットデメリット
安価肌荒れ、痒みを引き起こしやすい
さっぱりする乾燥しやすい

【アルコールフリー化粧水】

メリットデメリット
敏感肌でも使えるやや高価
乾燥しにくいさっぱり感が無い

 

エタノール配合の化粧水を使い続けるとオイリー肌になりやすいので、気になる方はエタノールフリーの製品を選ぶことをおススメします。

 

最後までご覧いただきありがとうございました!

cuteimenでは、みなさんのお悩みをLINEでお受けしております^^

お気軽にご相談、ご登録くださいね♪

友だち追加

コメント

タイトルとURLをコピーしました