肌について学ぶ

脂性肌男性はモテない!オイリー肌を改善する方法を解説

肌について学ぶ

脂性肌男性の場合、油取り紙をたくさん使ったり、スキンケアに気を使ったりと、とても絶え間ない戦いのように感じると思います。
しかし、あなたの皮膚は敵ではありません。
そして、それを無理に負担をかけて戦い続ける必要などありません。
いくつかの基本的なスキンケアを学ぶことで、光沢のある毛穴を、肌にではなく自然に機能する方法でケア・改善できます。

<この記事で学べる事>
オイリー肌の・・・
・症状
・手入れ・ケア
・解消する方法
スポンサーリンク

自分の肌のタイプを知ろう

最初に、脂性肌の症状をお伝えする前に、自分の肌のタイプを理解することが大切です。

どのタイプなのかどうか不明な方や、自分の肌タイプをはっきりさせたい方はこちらをご覧ください。

脂性肌の症状

脂性肌は、大きな毛穴と光沢のある、より厚い感触の肌色が特徴です。

十分な油を作り出すので乾燥の問題はありませんが、にきびが症状として良く現れます。

脂性肌の人は日中のテカリを防ぐことに苦労しており、通常は頻繁に顔を洗うことを必要と感じています。

脂性肌は、

  • ホルモンの変化
  • お使いの化粧品
  • 遺伝学
  • 食生活
  • 特定の薬

などによって引き起こされます。

この肌タイプの利点の1つは、水分が多いためにゆっくりとしたペースで老化し、肌に潤いを与え、しわが発生しにくくなることです。

脂性肌のお手入れ方法

オイリー肌を美しく見せるには、クレンジング、水分補給、角質除去の組み合わせが必要です。

みんなの肌は少し違うので、肌の感触に気を配り、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

これからお伝えすることは、肌をきれいに保ち、オイルをコントロールするために役立ちます。

少なくとも1日に2回は顔を洗ってください

洗顔は、油を毛穴から取り除き、にきびの発生を防ぐための鍵です。

その日の肌の脂性の程度に応じて、特に朝と就寝前に、1日2〜3回顔を洗ってください。

・洗顔料を使っての洗顔は極力1日1回にしましょう。
・入浴時は洗顔料、それ以外はぬるま湯洗顔でOKです。

仕事や私用上、顔を洗うことができない場合は、油取り紙を用いて、皮膚から余分な油を取り除いてください。

保湿は軽めに

本来、脂性肌の方ですと保湿剤は不要と思われるかもしれませんが、実際にはとても必要なステップです。

脂性肌自体に多くの自然保湿剤を生成しますが、それでも乾燥する可能性があり、自分が持っている油は保湿剤と同じではありません。

脂性肌が乾燥していると、肌の油分がさらに増えるため、問題が悪化します。

重要なのは、オイルフリーで毛穴を詰まらせない、軽量で水性の保湿剤を選ぶことです。

脂性肌でも使える、おススメの保湿剤成分
・グリセリン
・PG(プロピレングリコール)
・ヒアルロン酸

乾燥や詰まりを防ぐ

脂性肌の人は、次の2つの発生を防ぐ必要があります。

硫酸塩、特にラウリル硫酸ナトリウムまたはアンモニウム、およびアルコールは皮膚を脱水します

そのため店舗に行く際は、硫酸塩やアルコールを含まない製品を選ぶことが重要です。

  • ミネラルオイル
  • ワセリン

これらは、毛穴の詰まりを引き起こす可能性のある皮膚を覆う働きをします。

したがって、これらの成分が配合されている化粧品を選ばないことも重要です。

新しいスキンケアを使う場合は、一つずつ

市場に出ているすべてのスキンケア製品で、テカリを抑えるために絶えず新しい成分を試してみるのは魅力的です。

しかし、製品が実際に原因である可能性があり、皮膚が油を過剰生産する原因となります。

私たちの肌は生き物ですから、新製品に順応する時間が必要です。

そのため、新商品は徐々に使いはじめ、新しいものを試した後の肌の反応に細心の注意を払うことが重要です。

成分や商品を情報提供する私たちの立場でも、この点については十分注意しております。

特にスキンケアの場合は、新しく使う商品が少ないほど良いです。
複数のスキンケアがあると、良し悪しが分かりにくいからです。

古い角質をこすり落とすことも大切

角質除去は、死んだ皮膚細胞を取り除き、汚染物質の毛穴をクリアします。

このステップは、脂性肌タイプに伴う余分な蓄積を取り除くのに役立つため、脂性肌にとって特に重要です。

重要なことは、肌を乾燥させたり悪化させたりしない穏やかなスクラブを選択することです。

サリチル酸(BHA)を含む角質除去剤がおススメです。

酸性であるサリチル酸には殺菌効果があります。

ニキビの原因の一つであるアクネ菌などを殺菌することにより、雑菌の繁殖を抑えてニキビの発生や悪化を予防します。

オイリー肌でもSPF配合の日焼け止めを使おう

もちろん、すべての肌タイプと同様に、日焼け止めは不可欠です。

脂性肌の人にとって太陽の乾燥効果は、テカリを乾かすのに役立つため、最初は太陽の効果が良いように見えるかもしれませんが、これは長期的にはより多くの油の生産につながるだけでなく、皮膚がんのリスクがあります。

軽くてべたつかない日焼け止めを塗ることで、肌を保護し、ニキビを防ぎます。

ミネラルパウダーの日焼け止めも良い選択です。

これらのべたつかないミネラルパウダーは、二酸化チタン、酸化亜鉛、酸化鉄の粒子で構成されており、毛穴を詰まらせず、赤外線をさえぎり、高いレベルで幅広いスペクトルの保護を与えてくれます。

幅広いスペクトルとは『様々な波長の紫外線を防止する』という意味であり、UVAとUVBの両方を防止します。

アメリカでは、広域スペクトル基準に合格したものの製品に『Broad Spectrum』と記載されておりますが、実は日本には記載基準はありません。

海外製品を選ぶ場合は、『Broad Spectrum』の記載がある日焼け止めを選びましょう。
日本製品を選ぶ場合は、
・SPF30以上
・PA+~
のものを選ぶようにしましょう。

脂性肌の手入れと治す方法[オイリー肌の方向け]

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました