肌について学ぶ

何回が理想?男の洗顔タイミングの基本

肌について学ぶ

洗顔てやればやるほどい肌の皮脂が取れるので、

たくさん行った方が良いのでしょうか?

それは大きな間違いですね。

特に男性は洗顔を行うほど皮脂の分泌は増えるといわれております。

それでは今回は、「何回の洗顔回数が良いか」についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

洗顔の正しい頻度は1日1回

さっぱりしたい、皮脂を取りたいと、多い頻度で洗顔をする方がいらっしゃいます。

1日1回が理想です。

前にテレビで女性モデルさんが、

「石鹸で洗顔をしすぎると必要な皮脂まで洗い流されるから、それがシワの原因になるので、水だけで洗う。石鹸を使っても1日1回だけ。

と言うのを聞いたことあります。

それにネットの口コミでも、

「どうせ嘘だ!出任せだ!」

なんて声も多く上がっていたのを覚えています。

なので、水で洗うだけではなく、ちゃんと洗顔料を使って洗わないと逆にシワや、老化の原因になるってみんな言ってましたよ!

そうですか・・・

確かにネットで書かれていたり、たくさんの方が「そんなの嘘だ!」と言っていたら、

それが本当のように聞こえますよね。

私個人的な意見ですが、

そのモデルさんが言っていることは正しいと思います。

なぜだと思いますか?

その綺麗なモデルさん自体が正真正銘の根拠だからですよ。

逆にネットで毎日しっかりたくさん顔を洗っている人のお肌を見たことはありますか?

だとしたら、その人自体が根拠になります。

しかし、私は今まで「しっかり洗顔してきた人」でモデルさんのような綺麗な肌の人は見たことがありません。

女性モデルさんは化粧をしますから、当然水だけでなく、洗顔料を使うことはあるかと思いますが、1日1回の顔を洗うのは正しい回数です。

人によっては、2日に1回の方もいるかと思いますが、モデルさんの実例のように数日おきでも十分だと言うことです。

洗顔は1日1回が理想

以上のことから、私は、1日1回の顔を洗うのをお勧めします。

無理に毎日する必要もなく、2日に1回、3日に1回でも大丈夫な方はそれに越したことはありません。

洗顔の回数は少ない方が良い?

なぜ頻度は少ない方が良いのでしょうか?

それは、多くの洗顔料には「刺激」を伴う成分が少なからず配合されているからです。

と言うのも、原料のほとんどに「界面活性剤」が使用されます。

界面活性剤とは、食器用洗剤やシャンプーなどにも使われており、

水と油の性質を持ちますので、

タンパク質を別の物質に変える性質、

いわゆるお肌に刺激となる性質があります。

石鹸や、食器用洗剤を使い続けると手が荒れますよね?

あれも界面活性剤による皮膚刺激のひとつです。

ですから、

イオン性の強い洗剤やアルカリ性の強い洗剤は皮膚刺激が強くなります。

 

さらに、洗剤の持つ「洗浄作用」もお肌にダメージを与えます。

人肌はph6程度の弱酸性の状態で、バリア機能が正常に機能しています。

過度にお肌を洗浄してしまうと、バリア機能が正常ではなくなり、お肌の刺激につながります。

ph6から数値が離れることで刺激となり、

石鹸などの弱アルカリでも刺激となるので、

バリア機能に影響を与えるのです。

つまり、石鹸や洗剤による洗浄はできるだけ少なくした方が、お肌には良いと言うことです。

洗顔料を使わなければ良いのか?

モデルさんのように、基本は水で行い、ほとんど洗顔料は使用しない。

だとしたら、そもそも洗顔料を全くしない方が良いのでは?

と言いたいところですが、

それは少し無理があるかもしれません。

なぜなら、今まで過度な洗剤で顔を洗ってきたことによって、通常での皮脂分泌量が多くなり、洗顔をしないと過剰分泌した皮脂がお肌に悪影響を及ぼすからです。

つまり、今まで石鹸や洗顔料で洗顔している人が急にしなくなると、逆にお肌に良く無いと言うことです。

急にやめるのではなく、回数を減らしていくのがお肌の負担もなく理想的です。

洗顔は1日1回行おう

これまでの解説をまとめると

✔︎水だけで洗顔、1日1回洗顔する人は実際に肌の調子が良い(モデルさん)

✔︎石けんや洗顔料を使うことで肌刺激により負担がかかる

✔︎石けんや洗顔料を使いすぎるとその分、皮脂分泌が増える

✔︎今まで洗顔料で顔を洗っている人が急にしなくなると、逆に肌に良くない

このようになります。

これらを踏まえたときに、

結論「1日1回の洗顔が理想」となります。

また、洗浄力が極力低くお肌に低刺激と言われている「デシルグルコシド」「ココイルグルタミン酸Na」などを主成分とした洗顔料を使うと、過剰な皮脂分泌も抑えられ、お肌の機能が正常に機能しますよ。

お肌に必要な水分や油分をいかに取りすぎずに、残しすぎないか。

これはスキンケア習慣と、成分でほとんど決まってきます。

つまり「成分を変えて習慣化させる」ことが大切です。

すぐに、効果は見られませんが、根気強く行っていると皮脂分泌も減ってきて、きっとお肌の悩みが減りますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました