肌について学ぶ

失敗しない!男性の肌断食方法!

肌について学ぶ

乾燥や敏感肌など、誰しもが、
『少しでも肌をきれいにしたい!』
『悩みを無くしたい!』
など、肌改善をしたいと思っているのではないでしょうか?
そんな時に、最近話題の『肌断食』  が浮かんできませんか?

乾燥肌ですけど、肌断食をしてもよいのでしょうか?

してもよいです。

ですが、男性の場合は時にいくつか注意点がございます。

乾燥などのトラブルがある方でも行うことは可能ですが、行うにあたっての注意点がありますし、人によっては悪化する場合もあります。
これから肌断食される方や、今現在行っているかたなど、この記事をお読みいただき、少しでも役立てていただければ幸いです。

まずは自分が乾燥肌かどうかを見極めよう。
【たったの5秒!】脂性肌・乾燥肌・混合肌の見分け方はコレ!
スポンサーリンク

肌断食とは?その効果とは

肌断食とは、

『化粧水や保湿剤などのスキンケアを一切行わないこと』

を指します。

これによって、皮膚面を改善していく美容法です。

化粧水や保湿剤は、一見すると皮膚面をよくするものだけだと思われがちですが、配合されている界面活性剤や化学成分、防腐剤によって少しずつ皮膚面にダメージを与えています。

肌が強い方はこういった刺激性のダメージでも比較的早く修復可能ですが、乾燥や敏感肌などデリケートな方は、こういった刺激でトラブルに繋がる場合があります。

ですので、敢えて『何もしない』ことで、一先ずお肌をリセットさせて、本来持っている保湿機能を回復させてあげます。

むしろ、肌断食はデリケート肌に最適な美容法でしょう。

それに、スキンケアをしなくなると、経済的にも楽になるメリットもあります。

スキンケアを無くすことによる効果

今お使いのスキンケアをやめることで、

  • ターンオーバーによる肌治癒力の向上
  • ニキビ予防
  • 敏感肌を解消
  • 乾燥を解消

こういった効果が期待できます。

ターンオーバーによる治癒力の向上

肌改善にはターンオーバー周期ができるだけ早い方が良いです。

なぜなら、古い角質層が皮膚に残ったままになると、皮膚表面に残り薄皮が重なったようなごわついた皮膚面となり、傷跡も治りにくくなります。

これはスキンケアによる保湿効果などによって、本来剥がれ落ちなければならない角質層が残ってしまい、ターンオーバーによる新しく生まれ変わる角質を妨げています。

ですので、スキンケアをやめることでターンオーバーが正常となり、皮膚改善だけでなく、治癒力も向上します。

ニキビ跡がなかなか治りにくい方などは、ターンオーバーの乱れによるものだといわれております。

ニキビ予防

ニキビの原因は様々ですが、

  • 分泌された皮脂が毛穴で滞る
  • 皮膚の常在菌が無くなる

これらによって発生します。

そして、スキンケアはこの2つの要因に関与しています。

化粧水や乳液、クリームには必ずと言っていいほど保湿剤が配合されており、角質層への浸透や、皮膚表面に膜を形成し、外的要因からの刺激を守ったり、角質層内部の水分蒸発(=乾燥)を防ぐなどの役割をしてくれます。

ですが、過度な保湿力によって皮脂分泌を妨げ、毛穴内で滞ることによってニキビ発生に繋がります。

また、男性用化粧水に多く含まれる『エタノール』は、良く消毒などで使われるアルコールと同じですから、殺菌効果を持っております。

エタノールの作用により、皮膚表面の常在菌を殺菌し、外敵からの攻撃が無防備な状態となりますので、刺激抵抗が低下によりニキビや皮膚トラブルに繋がります。

ですから、男性化粧水に多く含まれるエタノール配合のスキンケア製品を使わないことで、これらの要因が無くなりますので、ニキビ予防につながってくると考えます。

敏感肌を解消

化粧水や乳液には、少なからず界面活性剤や化学成分が配合されていますので、刺激に繋がります。

少しでも、刺激を抑えることで敏感肌を解消できるのではと考えております。

そもそも敏感肌とは、以下のようなことを言います。

皮膚面へ受けた刺激が表皮の中にある神経ペプチドに伝わり、肥満細胞を刺激しヒスタミンが分泌され、知覚神経から脳に伝わることで、『痒い、痛い』などと判断されます。

簡単に言うと、皮膚面に触れれば少なからず神経が反応するということです。

知覚神経に、より多く刺激が伝達されることによって、神経は過敏に反応します。

これが、一般的な敏感肌になる過程です。

 

生まれつきアトピー性皮膚炎の方もいらっしゃいますが、

『最近肌が荒れやすいし、すぐにヒリヒリしたりする・・・』

このような方は、外的刺激によって敏感になっているのが大半だと思っております。

スキンケア自体には、そこまで刺激となる成分は入ってはいませんが、少しでも皮膚改善するのであれば、スキンケアをしないことは方法としてアリです。

特に、スキンケアで少しでも刺激を感じる場合は、敏感肌になりやすいので使用を控えましょう。

乾燥肌を解消

男性用洗顔料の多くは、洗浄力が強めです。

洗浄力の強い洗顔料を使い続けると、皮膚の皮脂と一緒に水分も洗い流れてしまい、乾燥の原因になります。

そして、洗顔後のスキンケアで保湿をすることで、皮膚本来の皮脂分泌が正常に機能しなくなってしまうんです。。。

だからみんな、『洗顔後は化粧水と乳液で保湿』がセットになっているんです。

これは男性用特有の『強い洗浄力のある洗顔料』が要因なんです・・・

理想の肌とは皮脂が少し残るくらいがベストで、これが皮膚来の保湿となってくれます。

ですので、比較的洗浄力の低い洗顔料を使うことで、ちょうどよく皮脂が残ってくれるので、その後の化粧水や乳液を使わなくてもよくなります。

これは、すごく肌断食に近いですね。

スキンケアを無くすことで起こり得る問題

スキンケアを無くすことで、必ずと言っていいほど通る道が『皮膚トラブル』です。

このトラブルの多くは、皮膚面が正常な状態になるための好転反応ですので、時間の経過により自然と収まります。

保湿で保たれていた皮膚面ですので、保湿が無くなると最初のうちはどうしても体がうまく反応できないんです。

ですので、

『荒れてきたから止める!』

とすぐに諦めてしまうと、ただの肌荒れで終わってしまいますので、

  • ニキビ
  • 乾燥

このような症状などは、少しばかり我慢しましょう(^^;)

初めのうちは乾燥が顕著に表れる場合がありますので、ワセリンなどの無添加保湿剤を薄く伸ばしてつけるようにしましょう。

急にスキンケアを無くすのではなく、徐々に減らすのがコツ。

スキンケア不要論はあくまで理想像であり、事実上不可能

ここまで、いくつか効果を述べてきましたが、誰でも肌断食が適用されるかと言えばそうではありません。

あくまで理想像に過ぎないからです。

  • 女性であれば『すっぴん』
  • 男性であれば『髭剃りしない』

このような方が断食の対象であると思っております。

肌断食中に刺激を与えることで、痛みや痒みに耐えられない場合があります。

そして、あまりに刺激に対して何もケアせずに我慢しすぎると、敏感肌につながる可能性もあります。

男性の場合、髭を剃った後、痒みやヒリヒリと感じる方がほとんどであり、保湿しないと収まらないことがほどんどです。

前述で解説した通り、刺激過多は敏感肌になる原因です。

つまり、『スキンケアを無くす』方法は、理論上とても効果的である半面、日常的に刺激を加える以上、かずきち的には事実上不可能ではないかと思っております(^^;)

ですので、『完全にスキンケアをしない』まではしなくとも、『スキンケアの種類を減らす、変える』ことで、ご紹介してきた肌断食の効果は得られるのではないかと思っています。

結論:肌改善は、スキンケア改善が一番

事実上『スキンケアを完全に無くすこと』は、男性の場合ですとほぼ不可能であることをお伝えしてきました。

私の見解としましては、『日常で受ける刺激をケアできる保湿化粧品』が肌断食の効果も得られ、最も有効であると結論付けます。

男性の場合ですと、毎日髭剃りをする方がいらっしゃいますので、毎日刺激を受ける分、毎日ケアが必要です。

髭剃りをして荒れないし、ヒリヒリもしないという方は肌が強い方ですので、今までお使いの化粧品で問題ありません。

比較的低刺激な『エタノールフリー』の化粧品を選ぶようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました