肌について学ぶ

【20代男性】化粧水を使う効果とは?

肌について学ぶ

男が化粧水をつける必要ってあるの?

水で顔を洗うだけじゃダメなの?

化粧水の必要性について知りたい!

男性の化粧水についてのご質問ですね。

先に言いますと、「化粧水はめっちゃ重要‼」です。

当たり前ですが、くすんだ肌よりお肌が綺麗な男性の方がモテます!

近年は、顔の良し悪しよりも「清潔感があるか」が、外観の要素として高く評価されています。

このようにお肌に悩める男性のために、今回は「化粧水の必要性と効果について解説していきます。

スポンサーリンク

化粧水をつける効果とは?

お肌は知らないうちにダメージを受けております。

なんで手とか足はスベスベなのに、顔にだけニキビや赤みができるの?

顔は皮脂腺が集中しているからなんですよ。

ニキビは毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌が繁殖して起こるので、どうしても皮脂腺の多い顔はニキビ発生・肌トラブルになりやすいんです。

手足って顔みたいにベタつかないですもんね。

このように誰しも顔は生まれながらにして皮脂腺が多いので、皮脂による肌トラブルで悩む方は多いです。

化粧水を使うことで、

✔肌荒れを抑える
✔テカリを抑える
✔シミ・しわを抑える

このような効果をもたらします。

化粧水ってめっちゃ大事じゃないですか!?

営業の商談では清潔感が必要なので、ぜひ使います!

化粧水は肌荒れを防ぐ

化粧水には「肌荒れを抑える」効果があります。

男性は毎日髭を剃るため肌が荒れやすい傾向があります。

髭を剃ることで肌の角質層が削られて、肌内部の水分が失われることによる乾燥が起こります。

乾燥による肌荒れを防ぐためにも、髭剃り後は化粧水で保湿して乾燥を防ぎましょう。

化粧水はテカリを抑える

「夕方になるとテカってきた!」

そんな経験はありませんか?

実は顔がテカる原因は、「お肌の乾燥」です。

え???顔のテカリは皮脂が原因じゃないの?

脂性肌の方は皮脂の分泌によってテカりますが、それ以外の方は「皮脂によって顔がテカるように見えている」のであり、皮脂分泌の根本原因は「乾燥」なんですよ。

以下の写真をご覧ください。

紫外線や外的要因で角質層内の水分が奪われます。

その後、角質層内の水分量が減ったときに「乾燥」と判断されて皮脂が分泌されます。

「お肌が乾燥しているので皮脂で守ってあげよう!」と体内の機能が反応して、皮脂を分泌するんです。

つまり、肌内部の水分が少ない=乾燥状態だと、いくら肌表面のテカリを洗顔で洗い落しても、またテカってしまうのです。

顔がテカる⇒洗顔する⇒また顔がテカる・・・

洗顔だけではテカリのもとは防げないんですね!

だからこそ「化粧水」が必要になってきます。

化粧水には、角質層内部の水分を保つ効果があるので、乾燥を防ぐとともに皮脂の過剰分泌を防ぎ、肌表面のテカリを抑えるという効果が期待できます。

なるほど。

肌の内部に水分を入れることで、テカリの根本原因をケアできるってことですね。

化粧水はシミ・しわを抑える

シミやしわは様々な要因で起こりますが、主たる要因は「紫外線」です。

少し専門的なお話をさせていただきますと・・・

紫外線のUV波はお肌にあたることによって、シミのもとになるメラニン顆粒が大量に生産されます。

大量生産されたメラニン顆粒はケラチノサイト(表皮細胞)へと受け渡されて、お肌に広がることで色素が濃いシミになって見えてきます。

さらに、紫外線によって光老化も引き起こされますので、シミだけでなくシワ・乾燥・たるみなどもお肌に表れやすくなります。

どうしても顔は隠せない部分なので紫外線を浴びやすくなりがちですよね。

けれど、シミやシワに対して化粧水はとても有効なのです。

化粧水には、シミやシワを抑える成分が配合されているものが多いため、夏の紫外線の強い時期には特に必須なアイテムです。

とはいえ、化粧水だけではシミは抑えられません。

どうしてもシミを気にされる方は、UVカットの日焼け止めクリームを併用することをおススメします。

どの化粧水を使ってもシミやシワは抑えられるの?

いいえ。

化粧水に含まれる「成分」で変わってきます。

ですので、目的に合った成分をしっかりと理解して商品を選ぶ必要があります。

化粧水は「成分」で選ぼう

化粧水には、

✔肌荒れを抑える
✔テカリを抑える
✔シミ・しわを抑える
このような効果が期待できるとご紹介してきました。

しかしながら、どの商品を使っても良いのではなく、上記3つ有効成分が配合されている商品を選ぶのが理想であり、正しい選択です。

清潔感な男になれるおススメな有効成分と効果は以下の通りです。

成分名期待できる効果
・セラミド
・ヒアルロン酸
肌荒れを抑える
テカリを抑える
…保湿成分により乾燥を防ぐ
・トラネキサム酸
・アルプチン
新たにシミができるのを抑える
…メラニンの生成を抑える

このように、高保湿成分とシミ予防成分が配合された商品を選ぶようにしましょう。

保湿成分やシミ予防の成分が配合されているものを使用すれば、清潔感のあるオトコになれるんですね!早速買いに行きます!

急ぐのはまだ早いです!

意外と知られていない「お肌に良くない成分」をご存じでしょうか?

正しく選ぶには、これらを知っておくとおススメですよ。

化粧水は「成分」に気を付けて

近年、様々な化粧品の種類が出回っております。

さらに「髭剃り後にヒリヒリしない!ニキビができない!」と効果を謳っている宣伝文句もありますが、必ず商品裏面に記載されてある成分表示を見るようにしてください。

買ってみて「ヒリヒリする!」なんてことになりかねません。

アルコール類(エタノール)が含まれていると肌トラブルになる恐れもあります。

特にお肌が荒れやすい方などや、敏感肌の方はこれらが含まれていないものを使うのが無難です

化粧水に含まれるエタノールはお肌の水分を奪って水分を蒸発させる

よく病院で注射を打つ前にアルコール(エタノール)で肌を消毒しますよね?

その時にスースーと感じませんか?

確かに、消毒の時スースーします!

あれってエタノールなのですね!

スースーしているということは、すなわちエタノールが蒸発している証拠であり、この蒸発の時にお肌の水分も奪っているのです。

つまり、エタノールによって肌が乾燥しやすくなるということです。

製品を作る企業で費用を安くしたい場合は、化粧水にエタノールを入れることはよくあります。

エタノールの役割は、

✔余分な皮脂を洗い落とす

✔殺菌効果

✔毛穴を引き締める

✔爽快感

これらが主とした目的で配合されています。

以下に、某大手製薬会社化粧水の成分表示を記載しました。

水,エタノール,BG,グリセリン,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,PEG-6,PEG-32,PEG-60水添ヒマシ油,イザヨイバラエキス,キイチゴエキス,ハトムギ種子エキス,イソステアリン酸,水添ポリデセン,ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2,クエン酸Na,EDTA-2Na,クエン酸,トコフェロール,フェノキシエタノール,香料

(出典:Amazon商品ページ)

成分表示は配合量が多い順に記載するというルールがあり、見てわかるとおりエタノールは2番目に含まれております。

お肌でお悩みの方や敏感肌の方は、成分表示を見てエタノール表記のない、アルコールフリーのものを選ぶようにしましょう。

〇〇フリーが安全ではない?

実は、〇〇フリーだからといって安心安全な製品とは言い切れません。

「パラベンフリー」という言葉をご存じでしょうか

はい。

1980年に厚生労働省がアレルギーの危険性のある成分を「表示指定成分」として表記を義務付けたものですね。

なので、パラベンがない化粧品の方がより安全だということですよね?

すばらしい。

パラベンフリーについて、よく理解できておりますね。

実は、パラベン(防腐剤)を入れない代わりに、他の防腐剤が入っていることが多いのですよ。

そうなんですか!?

パラベンフリー=防腐剤無添加と思っていました!

詳しく教えてください!

先ほどの某大手製薬会社化粧水の成分表示を再度ご覧ください。

水,エタノール,BG,グリセリン,PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル,PEG-6,PEG-32,PEG-60水添ヒマシ油,イザヨイバラエキス,キイチゴエキス,ハトムギ種子エキス,イソステアリン酸,水添ポリデセン,ジイソステアリン酸ポリグリセリル-2,クエン酸Na,EDTA-2Na,クエン酸,トコフェロール,フェノキシエタノール,香料

(出典:Amazon商品ページ)

成分表示の最後の方にフェノキシエタノールの記載があります。実は、フェノキシエタノールにはパラベンと同じく防腐効果があるのです。

つまりパラベンフリーと謳っている製品の中にも防腐剤は配合されている可能性があるということです。

さらに、デメリットとしてフェノキシエタノールはパラベンよりも刺激が強いことや、少量で防腐効果のあるパラベンに対してフェノキシエタノールは、その4倍ほどの量を配合しなければ効果は期待できないとされています。

パラベンフリーが安心安全とは言い切れないんですね!

だとすると、敏感肌やアトピーの方、私のように髭を剃った後に荒れやすい肌の場合は、何を基準に商品を選べばよいのでしょうか。

一番はパラベンフリーであり、そのほかの防腐剤が無添加であることです。

パラベンが入っているのが悪いということではなく、あくまで中立的な立場としてお伝えしております。

しかし、防腐剤無添加の場合、腐敗しやすい、保存・使用には注意が必要になるので、お肌にとって安心安全ではなくなる場合もあります。

商品選びは難しいのですね。

自分のお肌のためにも、そして清潔さを相手に与えるためにも、正しい知識をつけたいと思います!

商品の選び方や、成分表示の見方、お肌についてのお悩みなど、お気軽にご相談いただければ、私が解決いたしますのでいつでもご連絡お待ちしております。

友だち追加

まとめ

今回は、【専門家解説】男性にも化粧水を使うべき?その効果は?についてご紹介しました。

結論:男性も化粧水は使うべきです!

◆この記事のおさらい

化粧水は、
肌荒れを抑える
✔テカリを抑える
✔シミ・しわを抑える
この3つの効果が期待できます。

✔テカりの原因は「乾燥」であり、保湿成分のある化粧水を使用しよう

✔アトピーや、敏感肌、髭剃り後に荒れやすい方などは、エタノールフリー、防腐剤無添加の製品を選ぶのが無難

正しい知識で化粧水を選んで、清潔感のあるカッコいい男になりましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました