化粧品成分を知る

ホホバオイルがニキビに効果的な理由と正しい使い方

化粧品成分を知る

ホホバオイルは、さまざまな洗顔料やスキンケアクリームの一般的な成分です。
ビタミン、ミネラル、その他の特性を備えており、肌の状態を整え、顔に潤いを与え、滑らかな肌に仕上げます。
それだけでなく、以下の効果も期待できます。

  • 抗炎症薬
  • 抗菌
  • 抗ウィルス薬
  • 老化防止
  • 創傷治癒
  • 保湿

これらの特性は、健康な皮膚を促進するだけではありません。
ホホバオイルは、にきびやその他の肌トラブルなどへの取り組みにも役立ちます。

つまり、ニキビ対策になり得ますし、それ以外にも様々なことに役立つということです!

ホホバオイルがニキビにどのように作用するか、そしてそれをあなたの日々のスキンケアに組み込む方法を学びましょう。

スポンサーリンク

ニキビにホホバオイルは効果的

多くの研究では、ホホバ油がにきびを治療するのに有益であることを支持しています。

2012年のドイツの研究では、粘土のホホバオイルフェイシャルマスクが軽度のにきびの治療に効果的であることがわかりました。

フェイシャルマスクを週に2〜3回塗布した方は、炎症、にきびが大幅に減少しました。

あるケーススタディでは、ホホバ油がにきびの症状を軽減するハーブ薬として機能することがわかりました。

有効なニキビ治療としての背後にある理論の1つは、ホホバオイルが肌に信号を送り、バランスを整えるというものです。

技術的には、オイルの代わりにワックスエステルであるホホバオイルは、人間の皮脂に似ているといわれております。

ですが、過剰生産またはブロックされた皮脂はにきびを引き起こす可能性があります。

したがって、ホホバオイルを塗ると、皮脂が増えない肌になっていくということです。

ニキビ用ホホバオイルの使い方

ホホバ油を販売しているドラッグストア製品を探すか、自宅で独自の混合物を作成することがおススメです。

メイク落としとして使おう

女性に多い話ですが、メイク用スポンジやナプキンにホホバ油を少量注ぎ、メイクをやさしくふき取ります。

寝ているときに化粧をすることは吹き出物につながる可能性があるため、肌が悪化する前に化粧を落とすことが重要です。

男性の場合でも、日焼け止めやBBクリームなどでオイルを使用する場合があるかと思います。

このような場合も効果的と言えるでしょう。

洗顔料として代用

少量のホホバ油を手のひらに塗ります。

1〜2分間、円を描くように肌にマッサージします。

温かいコットンを使用して、余分な油を拭き取ります。必要に応じて保湿してください。

クレイマスクとして

ベントナイト粘土とホホバ油を均一な量に混ぜます。

これを週2〜3回、顔と首に10〜15分間塗布します。

洗い流した後の皮膚は赤く見える可能性があるため、日中はこれを避け、就寝前がベストです。

保湿剤として

ホホバオイルとアロエベラジェルを等量ずつ混ぜて空のポンプボトルに入れ、よく振ります。

2〜3プッシュ、手に吹きかけ軽く肌につけて、15秒間吸収させます。

必要に応じて再度つけてください。

ホホバ油の他の利点とリスク

ホホバオイルはにきび治療以上の利点があります。

なんと、ビタミンE、銅、亜鉛などが豊富に配合されています。

マッサージオイルとして日々のスキンケアに組み込むこともできます。

ホホバ油は保存期間も長いので、ご自宅のトリートメントとして長くお楽しみいただけます。

  • 傷を癒やす
  • 細い線やしわを落ち着かせる
  • 乾癬の症状を和らげる
  • 炎症を減らす
  • 感染を防ぐ
  • かみそりのやけどを防ぐ
  • 髪と頭皮のコンディショニングと保湿

ある研究では、ホホバオイルがアフロエスニックヘアロックを矯正するコンディショニング剤として機能することもわかりました。

ホホバ油は髪を保護し、タンパク質の損失、いわゆる髪のダメージを減らすことができます。

リスクと警告

ホホバオイルの副作用に関する研究はほとんどありませんが、この製品は一般的に局所治療薬として安全に使用できると考えられています。

ただし、ホホバオイルを使用する前に、皮膚のパッチテストを行って、アレルギーを確認した方が無難でしょう。

長時間の使用にもご注意ください。

 

100%に近いものを使用したことにより、一部の人々はまた、一貫してオイルを使用した後の皮膚の刺激を報告しております。

ですので、敏感肌やアレルギーがある方は安易に純粋なホホバオイルを直接肌に塗ってはいけません。

代わりに、ホホバ油をアロエベラジェルやココナッツオイルなどの別の薬剤と混ぜたものを使用してください。

また、ホホバオイルを経口摂取しないでください。

にきびのための他のオイル

ホホバオイルを手に入れられない場合や、ホホバオイルが効かない場合でも、心配は不要です。

にきび治療として機能する他の天然製品はいくつもあります。

これらのエッセンシャルオイルは次のとおりです。

  • ジュニパーベリー:研究によると、ジュニパーベリーのエッセンシャルオイルには抗菌性があります。これらの特性は、にきびを起こしやすい肌に有益です。
  • クラリセージ:研究により、クラリセージ油に含まれる抗菌剤がバクテリアの拡散を鎮めるのに役立つことがわかっています。これは、ハーブオイルを皮膚の感染症や傷の自然な治療法にするでしょう。
  • ラベンダー:ラベンダーは、にきびの治療に役立つ高い抗菌活性を持つ別のエッセンシャルオイルです。この油を使用して、発疹や虫刺されなどの他の皮膚の状態を治療することもできます。
  • ティーツリー:ティーツリーオイルは、軽度から中程度のにきびの症状を治療することが示されている既知の局所消毒剤です。

エッセンシャルオイルを肌に直接塗布しないでください。

常にスイートアーモンドやミネラルオイルなどのキャリアオイルと混ぜてください。

私が勧める基準として、純粋な精油3滴ごとに小さじ1杯が良いでしょう。

塗布する前に油が分離しないように、よく振って混ぜてから使ってくださいね^^

使用において知っておきたいこと

ホホバオイルはネットやSNSでも良いので、評判の良いものを購入するのがおススメ。

製造元が油を未精製と表示している場合、それはろ過されておらず、添加物がないことを意味します。

精製油は、漂白されて加工された可能性があることを意味します。

オレイン酸の少ないホホバオイルを選びましょう。

オレイン酸は毛穴を詰まらせニキビの要因になったり、より敏感な皮膚に発生を引き起こす可能性があります。

まとめ

結論:ホホバオイルはニキビに効果があるといえます。

研究結果で明らかになっている立証が確かな証拠ですよね^^

ただし純度が高いとリスクがあるので、ほかのオイルと混ざっているものがおススメですよ^^

それに、髪と肌に使えるって万能ですよね。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました